スポンサーリンク

factとは|その意味と使い方を例文で!ビジネスでも必須?

スポンサーリンク

世の中には、膨大な数のビジネス用語があります。

意味をきちんと理解していないと、スムーズに仕事ができなくなるかもしれません。

 

factという言葉の意味と使い方をわかりやすく解説します。

factとは|ビジネスでの意味もわかりやすく解説

「fact(ファクト)」とは、「事実」「現実」「実際に起きた事」「真相」という意味を持っています。

 

ビジネスの場で使用されるfactは、「(業務上での事柄に対しての)事実」ということ。

「その事柄に嘘偽りはなく、本当の事である」と強調したい時に用いられます。

 

また、「fact base(ファクトベース)」という言葉もあります。

これは「事実に基づいて(土台にして)」という意味。

 

重要な会議など、大事な場面で事案の説明をfact baseという言葉を挟みながら相手に伝えます。

そうすると「計画性がある」「事実確認は済んでいる」といった印象を与えることができることでしょう。

factの使い方の例文

要点だけ簡潔に、factな情報だけ聞きたい。

fact baseで考えられた計画で、プロジェクトがうまく進みそうだ。

嘘のないfactを取り入れたビジネスをすれば、問題も起こることなく誠実さも大いに伝わるかもしれませんね。