スポンサーリンク

ノクターンとは|意味を分かりやすく紹介!

スポンサーリンク

ショパンで有名な「ノクターン」という言葉。

 

ノクターンの意味をわかりやすく紹介します。

ノクターンとは|意味を分かりやすく紹介!

「ノクターン」とは英語の「nocturne」をカタカナ表記したもので、日本語では「夜想曲」という意味になります。

ちなみに、フランス語では「ノクチュルヌ(nocturne)」、イタリア語では「ノットゥルノ(notturno)」と言います。

 

「ノクターン」は、主にピアノの独奏で、夜を想う感情を奏でた曲のため、曲調がゆったりとしたメロディのものが多いです。

しかし、それぞれの曲が「ノクターン」である明確な定義はないため、曲名に「ノクターン」や「夜想曲」と入っているものが、「ノクターン」とされています。

 

「ノクターン」で有名な作曲家と言われているのが、冒頭で挙げたショパンです。

ショパンは多くの「ノクターン」を作曲しており、今では「ノクターン」といえば「ショパン」と言われるほどです。

 

また、「ノクターン」は絵画の用語としても使われています。

この場合は「夜景画」といって、夜景を描写した作品を指します。

 

以上、「ノクターン」についてご紹介しました。

ぜひ、皆さんも夜空を見ながらノクターンを聞いてみてくださいね。