スポンサーリンク

oopsとは英語?意味と使い方の例文!ネットで使うスラング?

スポンサーリンク

ドラマや映画、またはネットの世界で、英語圏の人がoops!と使用しているところを見聞きしたことはありませんか?

oopsとは、学校では習わない、日常生活でよく使われるスラング英語のうちの一つです。

 

oopsの意味と使い方を、わかりやすく解説します。

oopsとはネットで使うスラング英語

「oops(ウップス)」とは、主に「やっちゃった」の意味。

うっかり小さなミスをしてしまった時に、咄嗟に出る言葉。

 

日本人でいう「あ!」「おっと!」などの、思わず声に出てしまう言葉と同じ感覚で使用します。

他にも、軽い謝罪の「ごめんね」驚いた時の「えっ!」という意味でも使われます。

oopsの使い方の例文

  • ブリトニー・スピアーズの「Oops I did it again.」(おっと、またやっちゃった)が頭から離れない。
  • Oops! Thank you.(おっと!ありがとう。)
  • Oops! I mistook the operation.((ネットゲームなどで)やばい!間違っちゃった)

 

重大なミスをした時に使用するのは適切ではありません。

その時は、丁寧な言葉で謝罪しましょう。