スポンサーリンク

オーバーラップとは|サッカーでの意味と使い方の例文も紹介

スポンサーリンク

サッカーの試合を観ていると、オーバーラップという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

一体どのようなプレーを表しているのでしょうか。

オーバーラップとは|サッカーでの意味もわかりやすく解説

「オーバーラップ(overlap)」とは「重なりあって生じること」という意味。

映像編集技術の一つでもあり、「ある二つの画面が重なって浮かびだし、鮮明になるにつれて元の画面が消えていくもの」を指します。

 

サッカーでは、「後方のボールを持っていない選手が、ボールを持っている味方選手を追い越して前線に上がること」を表します。

主にサイドでのプレーの時に、オーバーラップという言葉が使われます。

 

オーバーラップは、サイドでプレーする選手が攻撃に参加して、相手の守備を崩すための連携を図るために行われます。

長い距離を短い時間で走るため、スタミナが必要です。

オーバーラップの使い方の例文

  • 今日の試合で何回もオーバーラップをして、かなりスタミナを消耗した。
  • オーバーラップをして敵のマークを引きつけて、味方のプレーを助けた。

 

有利な状況を生み出すオーバーラップ。

タッチライン沿いでよく見られるプレーになります。