スポンサーリンク

アーバンとは英語?意味と反対語・対義語は?

スポンサーリンク

「アーバン」といえば「アーバンディテクティブ」という曲を思い出します。

直訳すると「都会の探偵」で、とても軽快なリズムの音楽なので、朝の目覚めには一発です。

 

「アーバン」の意味を分かりやすく解説します。

アーバンとは英語?意味を分かりやすく解説

「アーバン(urban)」は「都市の、都会の、都会的な」という意味で、専ら大都市のことを指します。

 

元々は、ラテン語で「町」を意味する「urbanus」からきているため英語だけではなく、ドイツ語やフランス語、スペイン語、ポルトガル語などにも同じ概念の言葉があります。

人名

キース・アーバン(オーストラリア出身、アメリカを代表するカントリー歌手)やジャン・バティスト・アルバン)(フランスのコルネット奏者)など。

ファッション

「アーバンリサーチ」というブランド。

時代を牽引する人気ブランド

音楽

「アーバンソウル」「アーバンミュージック」など

交通機関

「近鉄アーバンライナー」「アーバン号(高速バス)」など

電化製品

「アーバンオレンジ」タイガー炊飯器IHなど。

 

その他、マンションや企業名などにも使われています。

アーバンの反対語・対義語

反対語としては、「ローカル」(田舎風でのどかで牧歌的)

対義語は、「ルーラル(rural)」(田舎の、田舎らしい)

いかがでしたか?

こうしてみてくると意外と身近で使われている言葉でした。

 

現代では、大都会に住んでいなくても様々なものがあって「アーバンライフ」を楽しみことはできそうですね。