スポンサーリンク

酒池肉林とは|意味と現在の例文!語源を紹介!

スポンサーリンク

酒池肉林という言葉を、多くの人は一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか。

意味や語源をわかりやすく解説します。

酒池肉林とは|意味をわかりやすく解説

「酒池肉林(しゅちにくりん)」とは「飲めや歌えと非常に豪華で贅沢な酒の宴」のこと。

酒池肉林の語源

酒池肉林は、中国の「史記」殷本紀に記された一節「以酒為池、懸肉為林(酒を以って池と為し、肉を懸けて林と為す」が語源になります。

 

「自らの庭園に大量の酒を注いで池を作り、肉をぶら下げ林とした」。

この一節は、殷王朝末期の紂王(ちゅうおう)という大変贅沢を好む王が、派手に遊ぶ様子を表しています。

 

その後に、「裸にした男女をそこで追い回して、大宴会を催した」という話も続くことから、現在では美女に囲まれたみだらな酒の席と連想されることも多いです。

(酒池肉林の「肉」は「肉欲」という意味ではないため、言葉自体にはエロティック要素は含まれない)

酒池肉林を現在の例文で紹介

  • 将来の夢は、酒池肉林のような毎日を過ごせるような贅沢な生活だ。
  • 忘年会が大変盛り上がり、まるで酒池肉林となった。

 

贅沢の限りを尽くした酒池肉林のような宴会を、一度は体験してみたいものですね。