スポンサーリンク

適当とは|意味はいい加減なのか?類義語や対義語を紹介!

スポンサーリンク

「適当」という言葉は、ある時期に若者たちの間で「テキトー」が流行っていましたね。

教師が生徒に「この数学の証明はどうやって解いたのか?」と尋ねると、悪ぶれる様子もなく「テキトー」という返事。

教師はあきれて放課後呼び出し指導に・・・。

 

この「適当」には3つの意味があったのです。

適当とは|意味はいい加減なのか?

適:訓読み「かなう」「たまたま」

意味「ぴったり当てはまる」「基準や条件に当てはまる」

 

当:訓読み「あたる」「あてる」

意味「あてはまる」「道理にかなう」

 

ここから、次のような意味になりました。

  1. 程よく当てはまる。
  2. 程度などがほぼよいこと。
  3. 広義の意味で、表面上つじつまが合うように要領よく(いい加減に)言い繕うこと。「適当に済ます」「適当にやる」など

 

確かに「いい加減」という逆の意味がありました。

適当の類義語

  • 適切:よく適合していること、ぴったり当てはまること
  • 適格:資格にかなっている
  • 妥当:実情によく合っている

「杜撰」「ぞんざい」「生半可」「大雑把」など

適当の対義語

  • 不当
  • 不適
  • 過当
  • 真面目
  • 真摯
  • 几帳面

 

ビジネスシーンで「適当にやっておいてね」は「いい加減にやっておいて」ではなく、「自分なりに考えてやっておいてね」という意味です。

 

相手の真意を読み誤らないでくださいね。