スポンサーリンク

錯綜とは|意味と使い方の例文を紹介!類義語は何?

スポンサーリンク

大きな事件や事故、災害などがあった時にTV報道では、「ただ今、様々な情報が錯綜しておりまして、詳しいことが分かり次第お伝えします。」とキャスターが連呼する映像を見ることがあります。

 

この「錯綜」の意味を、類義語や例文とともに紹介します。

錯綜とは|意味をわかりやすく紹介

「錯綜(さくそう)」の意味は、「物事が複雑に入り組んでいること、物事の関係が複雑で混乱すること」です。

漢和辞典には、「錯」には

  1. まじる、まぜる
  2. みだれる、みだす

などの意味があり、「綜」には「すべる、糸を集めて組み合わせる」などの意味があります。

錯綜の類義語

  • 交錯:いくつかのものが入り混じって、混乱した状態になること
  • 錯雑:込み入っていて、まとまりのないこと
  • 混乱:物事が入り乱れて秩序をなくすこと、いろいろなものが入り混じって整理がつかなくなること

錯綜の使い方の例文

  • ドラマの撮影現場は錯綜していて、とても口を挟める雰囲気ではなかった。
  • 遺産相続についての家族会議では、利害関係が錯綜する。
  • 通勤ラッシュ時は、乗り換えのための人の流れが、あちらこちらで錯綜している。

 

いかがでしたか?

こうしてみていくと、普段あまり使われていないような言葉でも意外と身近で使われているのですね。