スポンサーリンク

よしなにとは方言?意味と使い方の例文を紹介!

スポンサーリンク

「よしなに」について詳しく紹介します。

 

「よしなに」はビジネスシーンでも使われますので、この記事で語源や意味を確認して、覚えておきましょう。

よしなにとは方言?意味をわかりやすく紹介!

まず、「よしなに」という言葉の語源をみていきましょう。

「よしなに」は方言のイメージがありますが、実は、古事に出てくる一部分が語源になっている“大和言葉”だと言われています。

 

ある姫に3つ子が産まれ、信濃の県主4人が祝いに駆け付けました。

その4人に赤ちゃんを包んでいたへその緒を渡そうとしましたが、へその緒は3つしかありません。

 

争うことなく、うまく分けてほしいことを伝える際に、「4人の信濃に」=「よしなに」という言葉が生まれたと言われています。

 

現在、使われる際の意味には以下の様なものがあります。

  • ほどよく
  • 適当に
  • よろしく
  • どうぞ

よしなにの使い方の例文

  • よしなに、おくつろぎください。
  • 後の作業はよしなに行って結構です。

 

大和言葉は柔らかく美しい響きが特徴です。