スポンサーリンク

アットホームとは英語?意味と使い方を例文で解説!

スポンサーリンク

「アットホームな職場」などという言葉を耳にしたことはありますか。

実はこのアットホームという言葉は、日本語での解釈と英語での解釈では言葉の持つ雰囲気が少し異なります。

 

アットホームの意味をわかりやすく解説します。

アットホームとは英語?意味をわかりやすく解説

日本で「アットホーム」というと、「まるで家にいるかのような、居心地のいい雰囲気」と誰もが思い浮かべると思います。

しかし、本来の英語での意味は少し違ってきます。

 

「at home」は「自宅に(で)」「本拠地に(で)」「くつろいで」「心底では」「扱いなれて」と、実に多くの意味を持ちます。

これが「at-home」という形になると「自宅用の、自宅での」という意味になります。

 

また、名詞にもなり、その場合は「家庭招待会」を指します。

「家族招待会」とは、「招待者が家にいる日にち・時間を知らせておき、訪問客はその時間内の適当な頃合いに現れる形式のパーティー」ということ。

ホームパーティのようなイメージを思い浮かべてみましょう。

アットホームの使い方を例文で紹介

アットホームな職場ということが、御社に志望した理由のひとつです。

at home all day (一日中家にいる)

日本語と英語とでは少し違う意味合いを含んでくるので、使用する場合は注意しましょう。