スポンサーリンク

カスケードとは|ハブ・生物・ビジネスでの意味を紹介

スポンサーリンク

「カスケード」と聞いてすぐにどんな意味か分かる人はいますか?

もちろん分かる人もおられるでしょうが、かなり幅広い分野に分かれます。

 

コンピュータウイルス、ジャグリングの技の1つ、夜行列車、漫画に出てくる競走馬など。

 

その中でもハブ・生物・ビジネスでの意味を解説します。

カスケードとは|意味をわかりやすく解説

「カスケード(cascade)」は、元々英語で

  1. 小滝、分かれ滝
  2. 滝状のレース(布)
  3. (蓄電器の)直列」

などの意味があります。

 

そこから「岩場を段になって流れる滝」「段々になっているもの」などを指すようです。

カスケードとは|ハブの意味

カスケード接続のことで、ハブのポートとポートを接続してネットワークを拡張する方法。

通常、規格に合ったハブであればメーカーに関わらずカスケード接続できるが、接続する際の制限事項・注意事項はある。

カスケードとは|生物での意味

カスケード乳剤のことで、野菜や果樹類などいろいろな作物に使える昆虫生育阻害剤。

通常の方法では、薬害発生の恐れが少ない薬剤。

カスケードとは|ビジネスでの意味

カスケードガレージのこと。

北海道で雪に強く頑丈な板金施工技術(カスケード工法)によってできたビロード上のフォルムが、デザイン性と高い耐用性を実現。

いかがでしたか?

いろんな分野での意味を持つ「カスケード」ですが、知っておくと様々な場面で知識が広がりそうですね。