スポンサーリンク

留意とは|意味と使い方を例文で!類義語を紹介

スポンサーリンク

何かを気にする時に使用する、留意という言葉。

同じような言葉で「注意」がありますが、違いは一体何なのでしょうか。

 

留意の意味と使い方の例文を交えて解説していきます。

留意とは?意味をわかりやすく解説

「留意(りゅうい)」とは字のごとく「(ある事に)心を留めておき、気をつけること」という意味。

似た言葉に「注意」がありますが、注意は「(ある事に)気を配ること。警戒すること」という意味。

 

「注意」が「具体的な物事(危険な事など)に意識を注ぐこと」に対して、「留意」は「抽象的な物事に時間をかけて気をつけること」と言えます。

留意の方が緊迫した場面ではなく、危険の度合いも低いことが特徴です。

留意の類義語

留意の類義語は「配慮」「考慮」など。

心を配ること、心をこめて考えること、と留意を含めてどれも「心をこめて何かをする、気をつける」というニュアンスです。

留意の使い方の例文

  • 以下の点に留意をして、お客様の対応をお願いします。
  • ご自身の体調管理にくれぐれもご留意ください。

 

敬語を使用するシーンにもよく使われる言葉なので、正しい知識を身につけて適切に使用しましょう。