スポンサーリンク

添削とは|意味と類義語を紹介!使い方の例文!

スポンサーリンク

学校の授業や書道で、先生に自分の作品を添削してもらった記憶はありませんか。

 

添削とは一体どのような意味なのでしょうか。

類義語と例文と共に意味をわかりやすく解説します。

添削とは|意味をわかりやすく解説

「添削(てんさく)」とは「他人の答案や詩、文などの作品を、語句を添えたりまたは削ったりして直すこと」という意味です。

他人の文章作品を直すことなので、その文章作品は一般的に提出課題であることが多いです。

 

適当な文章を添えたり、または不要な文章を削ったり、その一連の作業を赤ペンでしてもらう、というとイメージが沸きやすいでしょう。

 

また、書道や絵画の分野で、その道の先生が字そのものを修正したり、絵を少し手直しすることも添削といいます。

添削の類義語

添削の類義語は「加筆」「校訂「改訂」「編集」「是正」「補正」など、様々なものがあります。

全て「書かれた文章への手直しをすること」という意味合いを持っています。

添削の使い方の例文

  • 作文の添削を先生にお願いしたが、返却されるまで緊張した時間が続く。
  • 習字で生徒が書いた字を朱色の筆で添削する。

 

自分の作品を添削してもらうと、より良くなって新しい発見があるかもしれませんね。